外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】台湾法務部(法務省)は3日、収賄罪などが確定した陳水扁前総統(62)が2日夜、台中市内の刑務所付属の病院で、タオルを使って自殺しようとしたため制止したと発表した。陳氏の命に別条はなく、けがもなかった。首長らの公費使用に関し、違法行為の範囲を狭める与党主導の法改正を立法院(国会)が5月末に承認。陳氏はこの法改正で、自分が罪に問われた行為が免責対象にならなかったことに不満だったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信