外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 リオ五輪代表選考会を兼ねた陸上の第100回日本選手権第2日は25日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで行われ、男子100メートル決勝は向かい風0・3メートルの条件下、ケンブリッジ飛鳥(ドーム)が10秒16で初優勝した。桐生祥秀(東洋大)は10秒31で3位になり、ともに日本陸連の選考基準を満たして初の五輪代表に決まった。山県亮太(セイコーホールディングス)が10秒17で2位だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信