外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】陸上男子100メートルで2008年5月にウサイン・ボルト(ジャマイカ)に破られるまで9秒74の世界記録を保持していたアサファ・パウエルらジャマイカの陸上5選手が、6月に行われたドーピング検査で陽性反応を示したことが14日、分かった。ロイター通信が報じた。30歳のパウエルは声明を発表し、「ルールを破るような物質を故意に摂取していない。不正の意図はなかった」と弁明した。

共同通信