外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小沢一郎・生活の党代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は1日までに、政治資金規正法違反罪に問われた元秘書で元衆院議員石川知裕被告(41)の上告を棄却する決定をした。禁錮2年、執行猶予3年とした一、二審判決が確定する。決定は9月30日付。

共同通信