外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国のろう学校で、教職員が生徒に性的暴行を加えた事件を基にした実話映画「トガニ(るつぼ)」が大きな波紋を呼んでいる。警察当局は再捜査に着手し、政府も障害者に対する性犯罪防止策を発表。事件の舞台となった学校は閉鎖に追い込まれた。映画は、韓国南西部光州市のろう学校で2000年から5年間、校長や教員らが10代前半の女子生徒らに性的暴行を繰り返した事件が題材だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信