外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 障害者雇用数の水増し問題で、山形県は20日、障害者手帳を持たず、指定医らの診断書の確認もしていない職員を含めて障害者雇用率を算定していたと発表した。愛媛県も同日、算定方法に誤りがあったと公表。このほか5県が共同通信の取材に対し、手帳や診断書を確認せず雇用率に算入したケースがあったと認め、水増しは計7県に拡大した。中央省庁での水増し問題は、地方自治体に波及。障害者雇用に関する国のガイドラインが順守されていない実態も浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信