外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が、戦時のシーレーン(海上交通路)での機雷掃海をはじめとする国連の集団安全保障に基づく武力行使について「新たな武力行使3要件を満たすなら憲法上許容される」と明記した想定問答集をまとめたことが27日、分かった。他国領域での機雷掃海などを限定的に容認する内容だ。

共同通信