外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府亀岡市で昨年4月、集団登校中の児童らの列に車が突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故で、自動車運転過失致死傷と道交法違反(無免許運転)の罪に問われた無職少年(19)の控訴審判決で大阪高裁は30日、懲役5年以上8年以下の不定期刑とした一審判決を「軽きに失する」として破棄し、懲役5年以上9年以下を言い渡した。検察は懲役5年以上10年以下が相当と主張。弁護側は保護処分を求めていた。

共同通信