外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働相の諮問機関である労働政策審議会の雇用保険部会は14日、失業手当に充てる雇用保険の料率を、現行の賃金の1・2%から、2012年度は1・0%に引き下げるべきだとする報告書の素案をまとめた。雇用保険は、労使が折半で負担する保険料と国庫負担が収入源。失業の急増などに備えた積立金の残高が高水準なため、料率引き下げで労使の負担軽減を図る。同部会は近く報告書を取りまとめる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信