外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】リオ五輪で初めて結成された「難民五輪選手団」のうち4選手が30日、メインプレスセンターで記者会見し、シリアからドイツに逃れた競泳女子のユスラ・マルディニ選手(18)は「世界にいる難民の代表、希望の代表として全力を尽くしたい」と力を込めて話した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信