外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は11日、西日本と東日本の太平洋側で、大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるとして、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼び掛けた。近畿地方では12日未明にかけて、四国地方では11日夜遅くにかけて非常に激しい雨の降る所がある。12日夕までの24時間予想雨量は、近畿地方の多い所で100ミリ。局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨の恐れがある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信