外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は16日、北海道、関西、四国、九州の電力4社から再稼働に向け安全審査の申請があった原発について、新規制基準に適合しているかを確認する初めての審査会合を開き、電力会社側が申請内容を説明した。九電は川内1、2号機(鹿児島県)で2015年度に免震重要棟ができるまでの間、高台に代替の緊急時対策所(180平方メートル)を設置して対応すると説明した。

共同通信