外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 省エネに役立つ電気の使用状況などに関する情報開示を電力会社に義務付け、省エネに関する国の基準に高い目標を掲げる「トップランナー制度」を、窓や断熱材などの建築材料に拡大することを柱とする省エネ法改正案の全容が21日、明らかになった。東京電力福島第1原発事故を受けて省エネ対策強化が求められる中、エネルギー使用量が著しく増えたが対策の遅れが指摘されていた住宅、建築物分野の省エネを促す狙い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信