外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 枝野幸男経済産業相は21日の閣議後の記者会見で、東京電力福島第1原発事故を踏まえ、関係閣僚らで電力事業改革を検討する会合を近く設置する方針を明らかにした。東電の損害賠償や、政府支援の前提となる経営改革の問題も扱う見通しだ。電力改革では、発電、送電部門の分離論議が焦点。電力料金の高止まりを招いた一因との指摘がある「総括原価方式」の抜本的な見直しも、議論する可能性がある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信