外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 本や漫画を私的に電子化する「自炊」の代行業は著作権を侵害しているとして、作家の東野圭吾さんら7人が20日、代行業者の「愛宕」(川崎市)と「スキャン×BANK」(東京都)に自炊行為の差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こした。原告側によると、自炊行為をめぐる提訴は初めて。訴状などによると、2社は作家らの許諾を得ることなく、不特定多数の客から1冊当たり数百円の手数料で大量の書籍を電子化していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信