外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトによる5対5の団体戦、第2回電王戦の第4局は13日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、塚田泰明九段(48)と将棋ソフト「Puella α(プエラ・アルファ)」の対局は持将棋(引き分け)となった。棋士は対戦成績が1勝2敗1持将棋となり、団体戦の勝ち越しはなくなった。電王戦は今回から団体戦となり第1局は棋士側が勝ったが、第2局と第3局で敗れていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信