外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広告大手電通の違法残業事件で、労働基準法違反罪に問われた法人としての同社に東京簡裁は6日、求刑通り罰金50万円の判決を言い渡した。菊地努裁判官は「違法な長時間労働が常態化していた」と述べた。新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺したことに端を発した事件は、企業の労務管理の在り方に警鐘を鳴らした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信