外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広告大手、電通(東京)の違法残業事件で、厚生労働省は20日、山本敏博社長から任意で事情を聴いた。同省は、関西(大阪市)、中部(名古屋市)、京都(京都市)の3支社でも労使協定(三六協定)を超える違法な残業を従業員にさせていた疑いがあるとみており、今月中にも、労働基準法違反容疑で、法人としての電通と支社の関係者を書類送検する方針。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信