外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広告大手電通(東京)の違法残業事件で、検察当局は6日までに、労働基準法違反罪の両罰規定を適用し、法人としての電通を略式起訴した。幹部個人は起訴猶予とした。電通では企業体質として違法残業が根付いていたため、個人の責任が大きいとは言えないと判断したとみられる。

共同通信