外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 荒井聡経済財政担当相は23日の閣議に、10年度の年次経済財政報告(経済財政白書)を提出した。1990年代初頭から約20年間にわたり、先進国中で日本だけが慢性的に需要が供給を下回る異例の状態に陥っていると指摘。需要不足が失業率を2%程度押し上げていると推計し、「バブル崩壊の負の遺産」を清算しなければ、力強い経済成長は望みにくいと結論づけた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信