外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は19日、東日本大震災で発生したがれき処理の関係閣僚会合を開き、岩手、宮城両県の可燃物など「災害廃棄物」の処理を加速させるため、両県内の仮設焼却炉や廃棄物を破砕、選別する施設を増強する方針を決めた。目標の14年3月末の処理完了に向け、廃棄物の広域処理を受け入れる自治体や民間施設について本年度中の確定も目指す。政府は、両県のがれき処理の進み具合が現状では不十分と判断し、対策の強化を打ち出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信