外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災で日赤などに集まった義援金の配分割合決定委員会は8日、都内で会合を開き、10月以降に寄せられた義援金(2日現在で116億円)は、震災遺児の支援を目的とした基金などに充当することが望ましいとの見解を示した。被災15都道県への送金額はこれまでと同様、被害規模に応じて配分。基金への充当など具体的な使途は各都道県が決める。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信