世界の出来事

 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の発生直後、被災した障害者が避難所を転々としていた実態が22日、明らかになった。支援団体が147人を対象に調査した結果、最大9カ所、平均4カ所の移動を余儀なくされていた。施設がバリアフリー化されておらず落ち着けなかったことなどが要因。度重なる移動の負担は重く、約4割が「障害の程度が悪化した」と答えた。

共同通信

 世界の出来事