ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

震災犠牲者8遺体取り違え

 岩手県で、東日本大震災の犠牲者8人の遺体が取り違えられ、別の遺族に引き渡されていたことが4日、県警への取材で分かった。通常はDNA鑑定や歯型の照合を行うが、震災直後の混乱で間に合わず、親族の強い希望を受けて、ほかの身体的な特徴などを基に引き渡していたという。宮城県でも、1遺体の取り違えが既に分かっている。別の遺族からの申し出や、岩手県警作成のDNA型データベースによる照合などで、取り違えが判明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。