外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 復興庁は29日、東日本大震災と福島原発事故による避難生活で体調を崩すなどして震災関連死と認定された人のうち、福島県内で震災発生2年目以降に亡くなった35人について分析結果を公表した。「避難生活による肉体・精神的疲労」が25人と原因の7割以上を占めた。調査は死亡診断書などを基に、35人が亡くなるまでの経過を探った。「避難生活による肉体・精神的疲労」のほか、「避難所等へ移動中の肉体・精神的疲労」も。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信