外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ペットや動物園での展示などを目的とした密猟と商業目的の違法な国際取引で、チンパンジーやオランウータンなど毎年約3千頭の野生の大型霊長類が捕獲されたり、殺されたりしているとの報告書を国連環境計画(UNEP)が5日までにまとめた。大型霊長類の違法取引に関する初の報告書。UNEPの専門家は、バンコクで開催中の野生生物の国際取引に関するワシントン条約締約国会議で、各国政府に監視体制の強化を求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信