外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 内閣人事局が、霞が関の無駄な残業削減を目指し、業務効率化に乗り出す。「夏の生活スタイル変革」と銘打ち、ことし7、8月に全府省庁の職員を対象に朝型勤務と定時退庁を奨励する方針だ。異例の試みが民間企業に波及すれば「豊かさの実感や新たな需要創出にもつながる」(人事局幹部)と期待するが、長時間労働が慢性化する官僚機構でどこまで浸透するかは見通せない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信