外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力と日本原子力発電が出資する「リサイクル燃料貯蔵」は1日、青森県むつ市に建設している使用済み核燃料の中間貯蔵施設の操業時期を、予定していた10月から延期することを明らかにした。原子力規制委員会は同社に対し、12月までに公布・施行される核燃料サイクル施設の新しい規制基準で安全性を審査してから、事業開始前の検査に入る方針を伝えており、これに従った措置。

共同通信