外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 青酸化合物を使った連続殺人事件で、京都、大阪、兵庫、奈良の4府県警合同捜査本部が殺人容疑で逮捕状を取った筧千佐子容疑者(68)の知人で、2013年に死亡した兵庫県伊丹市の男性=当時(75)=の病院搬送記録について、複数の医師が「青酸中毒の症状と矛盾しない」と鑑定したことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

共同通信