外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】ソウルの日本大使館に先月、火炎瓶を投げ付けたとして現住建造物放火未遂罪などで起訴された中国籍の劉強被告(37)の初公判が13日、ソウル中央地裁で開かれ、被告は大使館の事件とともに昨年12月26日に東京の靖国神社の門が放火された事件についても犯行を認めた。検察側は冒頭陳述で、劉被告は昨年12月、従軍慰安婦問題に関する日韓首脳会談での野田首相の態度に怒って放火を思い立ったと指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信