外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】2005年に静岡県で当時2歳の女児が死亡した交通事故で、事故直後に帰国し、ブラジルで過失致死罪に問われた日系3世の女パトリシア・フジモト被告(38)に対し、サンパウロ州地裁支部は12日、禁錮2年2月の判決を言い渡した上で、1年間の社会奉仕活動に減刑したことを明らかにした。日本政府の代理処罰要請に基づく。被告は控訴する意向だが、代理人は内容を検討し最終判断するとしている。

共同通信