外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 静岡市と茶業関係者らでつくる静岡市茶業振興協議会は9日、昨年10月に市内102カ所で採取した茶の越冬葉の放射性物質を検査した結果、いずれも国の新しい基準値を下回ったと発表した。「春には安全な新茶を収穫できる」という。越冬葉は通常、飲用にしないが、東京電力福島第1原発事故の後、同市の一部の荒茶から当時の暫定基準値を上回る放射性セシウムが検出されたことから、安全を確認するため、静岡大と共同で検査。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信