外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】核兵器が人類に及ぼす被害を議論する「核兵器の非人道性に関する国際会議」は9日、主催国オーストリアが究極的な核兵器全廃を強く求める議長総括を発表し、閉幕した。しかし、議長総括は核廃絶に至る具体的な道筋を示せず、非核国の一部が訴える核兵器の非合法化と、核保有国が主張する段階的な核軍縮の双方を併記するにとどめた。

共同通信