外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国南東部・慶尚南道議会で22日、広島や長崎で被爆した人と子、孫までの3代を対象に支援を持続的に行うことを定めた「被爆者支援条例」が全会一致で成立した。韓国で被爆者施策に関わる自治体の条例が制定されたのは初。慶尚南道は被爆者が多く住むことから支援の機運が高まっていた。条例は、道内の3世までの被爆者について実態調査を定期的に行い、毎年支援計画を立てることを知事に義務付けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信