外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国南部釜山の日本総領事館前に設置された従軍慰安婦問題を巡る少女像について、釜山市が保護、管理できるようにする条例が30日、市議会で可決、成立した。像は昨年末に市民団体が無許可で設置したが、行政が保護する根拠が整備された形。日本政府が求める撤去はさらに困難となりそうだ。

共同通信