外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦だった女性らを支援する「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が、運営する支援施設に女性家族省から交付された運営費1500万ウォン(約135万円)を5月に返納していたことが22日、分かった。同省が明らかにした。慰安婦問題解決に関する昨年末の日韓合意への反発とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信