外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】太平洋戦争中に朝鮮半島から強制動員され、広島市に当時あった三菱重工業広島機械製作所で働いた韓国人の生存者1人と死亡者13人の遺族が1日、三菱重工業に計約1億2千万円の損害賠償訴訟をソウル中央地裁に起こした。弁護団によると、14人は1944年8~9月から同製作所で勤務させられ、45年8月には原爆投下で被爆。後に今の韓国の地域に帰還したが、被爆が原因とみられる健康被害に苦しんだという。三菱重工業は「訴状を見ていないためコメントできない」としている。

共同通信