外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国で「民主化運動の父」と呼ばれ、獄中生活を繰り返し過酷な拷問を受けた金槿泰(キム・グンテ)元保健福祉相が30日、敗血症のためソウル大病院で死去した。64歳だった。同病院が明らかにした。拷問が原因の可能性があるパーキンソン病を数年前に発症。11月、同じく後遺症の疑いがある脳血栓で入院、合併症を引き起こした。1947年、京畿道富川生まれ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信