外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国海軍に2020年代半ばから新たに配備されるイージス艦3隻に対し、米航空防衛機器大手ロッキード・マーチン社は20日までに、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の搭載を可能にするシステムを投入する契約を韓国と結んだと発表した。迎撃能力を持たない運用中の3隻と合わせ、イージス艦は計6隻態勢になる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信