外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国のロッテグループを捜査中のソウル中央地検は8日、ロッテ創業者、重光武雄(韓国名・辛格浩)氏(93)を脱税や背任容疑で取り調べた。裏金づくり疑惑を巡り、月内に重光氏の次男でグループ会長の昭夫(同・辛東彬)氏(61)を取り調べる方針。経営権を巡る内紛に揺れるグループへの捜査は大詰めを迎えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信