外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の警察当局は10日、97年に北朝鮮から韓国に亡命した黄長ヨプ元朝鮮労働党書記(87)が死亡したことを明らかにした。状況から、心臓まひによって死亡したとみられるとしている。韓国YTNテレビによると、黄元書記は同日午前、自宅の浴場で倒れているのを発見された。金日成総合大総長、主体思想研究所長などを歴任。金父子体制の理論的基盤をつくり、北朝鮮のイデオロギー面での中心的存在だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信