外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は26日、昨年12月の大統領選で目玉公約として掲げた年金改革案を閣議決定した。公約では65歳以上に毎月、一律20万ウォン(約1万8千円)を支給するとしていたが、財源不足のため高所得者を対象から除外するなど後退した内容。朴氏は事実上謝罪したが、野党は「公約破棄だ」と批判している。

共同通信