外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は15日、日本の植民地支配からの解放68年を祝うソウルでの「光復節」記念式典で演説した。従軍慰安婦問題をめぐる日本の政治家の発言などを念頭に「過去を直視する勇気と相手の痛みに配慮する姿勢がなければ、未来へ向かう信頼をつくることは難しい」と強調。日本に対し、冷え込んだ関係修復に向けた日本の前向きな対応を呼び掛けた。

共同通信