外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国憲法裁判所は27日、朴槿恵大統領の罷免の可否を審理する弾劾審判の最終弁論を開き、結審した。朴氏は出廷せず、訴追内容を全て否認し、罷免を認めないよう求める意見書を代理人弁護士が読み上げた。

共同通信