外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】1984年にソウルに留学中、北朝鮮のスパイとして連行され、国家保安法違反罪などで約3年8カ月間服役した奈良市の在日韓国人、尹正憲さん(58)の再審の上告審で、韓国最高裁は10日、尹さんを無罪とした一、二審判決を支持、検察の上告を棄却した。容疑自体が捏造されたと認定した。70~80年代に韓国で多発した在日韓国人の「スパイ事件」で韓国の最高裁が冤罪を認めたのは初めて。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信