外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国プロスポーツ界の八百長事件を捜査中の大邱地検は28日、プロ野球LGの金聖賢投手(23)がブローカーからの依頼で故意に四球を与えて礼金を受け取っていたとして、国民体育振興法違反容疑で拘束した。LGの別の投手(26)にも同じ疑いがあるとみて捜査している。韓国メディアが報じた。一連の八百長問題では、バレーボール男子プロリーグの4選手が永久追放されるなど影響が広がっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信