ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

韓国省庁再編で与野党対立

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵次期大統領が策定した中央省庁再編案をめぐり、与野党が激しく対立している。関連法案改正の協議が19日までに決裂、25日の政権発足までに間に合わない見通しとなり、当初の国政運営に支障が出る可能性が出てきた。朴氏の「政権引き継ぎ委員会」は1月15日、現在の15省を17省に拡大する省庁再編案を発表した。未来創造科学省を新設し、現政権で廃止された海洋水産省を復活させる内容。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。