外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】安倍晋三首相が15日の全国戦没者追悼式の式辞でアジア諸国への加害責任と反省を明言しなかったことに対し、16日の韓国メディアは「戦犯国の最後の良心すら捨てた」(東亜日報)などと一斉に批判した。植民地支配と侵略を認めた村山富市首相談話を事実上否定したとの分析が多い。韓国の朴槿恵大統領は15日の演説で対日批判のトーンを従来より弱めており、日本との関係改善を模索しているとの見方が出ていた。

共同通信