ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

韓国軍がミサイルの残骸発見

 【ソウル共同】韓国軍関係者は13日、北朝鮮が12日に発射した事実上の長距離弾道ミサイルの残骸を、韓国西方沖の黄海で韓国軍が発見したことを明らかにした。艦艇を動員し、13日夕から回収作業を始める。残骸は1段目の燃料タンクとみられ、長さ約10メートル、直径約1・5メートル。ハングルの文字が書かれていた。12日午後に発見し、位置を示すブイをくくり付けたところ、水深約80メートルの海底に沈んだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。