外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国陸軍は23日午後、南北非武装地帯に近い同国北部の京畿道抱川市の射爆場で、北朝鮮からの武力挑発を想定し、空軍との大規模合同実弾訓練を実施した。韓国国防省によると、訓練には兵士約800人が参加し、多連装ロケット砲や自走砲、攻撃ヘリ、戦車などを動員。F15などの戦闘機も加わった。また、韓国大統領府によると、李明博大統領は同日、南北非武装地帯の最前線に位置する陸軍部隊を訪問した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信